クルマの保険には自賠責保険ないしは任意保険という2個のタイプが用いられています。自賠責保険、任意保険の双方ともに事態に遭遇した場合の補償を想定したものですが、契約の内容は細かな点で異なっているといえます。ふたつの保険を比べると補償が約束される事象が多少違ってきます。事故の相手へは、自賠責保険あるいは任意保険の両方で補償されます。自分へは、<任意保険>によってのみ補償されます。自分の財産へは「任意保険」によって補償できます。自賠責保険のみでは、自分の傷ないしは車に関するサポートは受ける権利がありません。相手方に向けての補償ですが自賠責保険については亡くなられた場合は上限3,000万円・後遺障害時上限額4,000万などというようになります。しかし賠償額がこの値段を超えることは珍しくありません。また加えて事故の相手方の愛車や不動産を毀損してしまった場合に関しては害を加えた者の補償となると定められています。そのような負担を防ぐために任意保険が重要だという話になるのです。被害を受けた者の救助に重点を置く任意保険にはそれ以外の役割が存在します。相手方へは死亡時あるいは手傷の他にも、マイカーあるいは建築物などの私有財産を賠償してもらえるのです。自分に対しては、同乗者も込みで、死亡時ないしはケガを賠償してくれます。自己が所有する財産に対しては、車を賠償するのです。そういった種々の面でのしっかりしているのが任意保険におけるストロングポイントです。保険料の振り込みは必要となってしまうのはしょうがないですが事故が起きた時の相手方のためにも自分自身のためにも、自動車に末長く乗りたいのであればお世話になっておいた方がよいでしょう。